す~たんの花言葉

アラフォー夫婦とコーギーの、まったりした日々の犬&福岡ブログ

小さな爆弾 ② 

 

病院をあとにした私たちは、予約していたビジネスホテルへ
向かいました。
昼ごはんを食べていても、夕ごはんを食べていても
すーたん、今頃何してるかなぁ…」っていう会話ばっかり(笑)
そして、朝2時に出発してすでにクタクタだった私たちは
死んだように眠るのでした…

翌朝、すずらんを迎えに行くまで少し時間があったので
倉敷の名所「美観地区」へ行ってみました。
110424.jpg

ぶら~っと観てまわったあと、緊張しながら病院へ…

色んなCTの映像を見せてもらい、診断の結果は…
肝臓の外側にはシャント的な血管は見られない。
もしかしたら肝臓の中に小さなシャントがあるのかもしれない。
肝臓の外のシャントは手術できるけど、肝臓の中の手術は危険すぎて出来ない。
という見解でした。

でも、定期的に検査をして、肝臓に負担をかけない生活をしていれば
そのせいでこのコの寿命が短くなるとか、そういうことはない…と
言われたので、ちょっと安心しました。
そして、数ヶ月続けていた療法食も普通のフードに戻して大丈夫!とのこと。
療法食、3キロで5000円以上するのでお財布的にも一安心。

結局、はっきりした「門脈シャント」ではないので「先天性の小肝症」という病名を
告げられました。
肝臓はこれ以上成長しないので、すずらんが一生付き合っていく病気です。

先生とのお話が終わると、すずらんが別室から飛び出してきました。
お腹の毛は検査の為にほとんど剃られてたけど、いたって元気そう。
よかった…(^_^;)

次にこの病院に来るのは、本当に深刻な状態になった時。
そうならなくてもいいように、もうこの病院には来なくてもいいように
そう願いながら福岡に向かって走り出しました。

帰路の高速SAにあるドッグランにて。
カメラを持ってくる余裕すらなかったので、携帯のカメラで撮影。
110424 (1)

110424 (2)
↑実はお腹はツルツルです(笑)

行きは6時間くらいかけて岡山にやってきましたが
すずらんが長距離のドライブでも、ぜ~んぜん平気な事がわかり
帰りは3時間ちょっとで福岡へ戻ってきました。
しかも、車のキャリーケースの中でもヘソ天で寝る…という事が発覚(^_^;)
車酔いがひどいコは、短距離でも車の移動が大変だと言う事をよく聞くので
親バカではありますが、車に関しては全く手がかからないワンコで助かりました。

岡山から帰ってきて、かかりつけの動物病院へ報告に。
先生は、岡山での検査結果次第では(手術など)すぐに岡山へ駆けつけれる様に
準備していてくださってそうです。
とりあえず、そうならなくてよかった事と、すずらんが無事に元気に
戻ってきた事に、とても喜んでくださいました。感謝ですね(^.^)

今後は、3ヶ月に1回ほど詳しい血液検査をし食生活には十分気をつけること。
(あまりにも安すぎるフードは与えないとか、拾い食いは絶対させないなど)
この生活は決して難しくない事なんだけど、人間と同じで肝臓は「沈黙の臓器」なので
何らかの症状が現れたときはかなり悪い状態だと思ってください。と言われました。

その後、2回目の発情出血になる前に避妊手術と肝細胞の検査を無事に
済ませることができました。


それから3年経った今、肝臓の薬は2年近く飲んでいません。
すずらんの肝臓は小さいままですが、肝臓の数値は今のところ落ち着いています。
水を変えたからか???(→こちら
ナゼだかわかりませんが、薬を飲まなくてよい状態を保っています。
血液検査も、3ヶ月に1回…と言われていたのが半年に1回の検査になっています。

でも、肝臓の状態が良くなる事はないので、日々気をつけて過ごしています。
そしてもうすぐ半年に1度の血液検査の日。
フィラリアの検査もあるのでこの時期に同時に検査をやっていますが…
フィラリアにいたっては、きちんと薬を飲んでいるので何の心配もしていません。
心配なのは肝臓の数値の方。
この小さな爆弾が、いつまで大人しくしていてくれるのか…
毎回、半年に1回の検査の日は心配で心配でたまらないんですよ…

動物の医療に関しては、人それぞれ色んな意見や考えがあることも学びました。
それについては、まだまだ書ききれない事がたくさんありますが
それはまたいつか、書く機会があれば語らせていただきたいと思います。

なんだか長々と書いてしまいましたが、毎年4月のGW前になると
「あ~○年前の今頃、必死な思いで岡山に行ったなぁ…」と思い出します。
今となっては、それもひとつのすずらんとの思い出ですけどね(*^_^*)


もうすぐ4歳の誕生日。
ハッと振り向くと、こんな格好で転がってますが(笑)
110424(3).jpg
すーたんは今日も元気に生きていますよ~☆
関連記事
スポンサーサイト

category: すーたんのこと

thread: わんことの生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

肝臓がちょっと悪い、ってのは何度か読んでて知ってましたが、そういうことでしたか・・・。

すーたんも、家族みんなも心配な思いをしたんだね~。

肝臓は沈黙の臓器だから、このまま沈黙を続けてもらいましょうね!

がんばりすぎず無理をせず、で穏やかな日々がきっと続くよ。
えいえいおー!(^^)!

ゆみ #- | URL | 2011/04/25 18:49 | edit

そんな大変な経験をされていたんですね。
今すずらんちゃんが健康に過ごせてるのは
お二人のおかげだと思います。
愛情はあってもなかなかできないと思うので。
アンも機会を見て健康診断してもらおうかと思います。

もも #- | URL | 2011/04/25 20:31 | edit

ゆみ様

1歳半くらいまでは、何かと落ち着かない毎日やったね~
保険に入ってるんだけど、初年度は保険料の元とったよ(笑)
でも、避妊手術をしなかったら分からなかったことだし
早い内に発見できてヨカッタ…って、つくづく思ってる。

パピーの頃は数値が安定しないから、むーさんも
もう少し大きくなって(6ヶ月過ぎたくらい)に
血液検査とか、ちょっと詳しく健康診断してみるのも
いいかもよ。

すーのている #- | URL | 2011/04/25 22:47 | edit

もも様

岡山の病院では、とても調子の悪そうなワンちゃん達も
いたので、体にメスを入れる事なく、薬だけで
なんとか出来たウチのコは、運が良かったんだと思います。
そして人間よりも、食べ物や日常生活に気をつけてます(笑)

アンちゃんも、年に1回の健康診断はぜひおススメです。
何もなければ安心ですし、何かあれば早期に発見できるので…

すーのている #- | URL | 2011/04/25 23:00 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://suzuranhanakotoba.blog106.fc2.com/tb.php/274-599f16a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top