す~たんの花言葉

アラフォー夫婦とコーギーの、まったりした日々の犬&福岡ブログ

GW初日 

 

昨日は声が全く出ず
10の内
ほぼ「ゼロ」の状態でしたが

今日は
10の内の3くらいは
声が出ています♪

でも相変わらず
オットとすずらんには

ヤレヤレ ┐( -"-)┌

ってな感じで
やんわりと
スルーされてますよ~( ̄ε ̄;)


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


今までは
楽しかった
GWネタでしたが

このGWがはじまった初日。

4月28日は
年に2回行っている
すずらん
肝臓の検査の日でした。

ついでに
フィラリアの
検査もしてもらい
こちらは合格。

肝臓の方…

こちらは

うーん…( ̄ヘ ̄)

うーーん…( ̄ヘ ̄)

うーーーん…( ̄ヘ ̄)

って感じです。


で、今回から
ワクチンや
フィラリアや
フロントラインの
投薬を見直すことに。

どんなに
健康なワンコでも
フィラリアや
フロントラインを
使う事によって
肝臓に負担をかけています。

健康なワンコであれば
それらを解毒する
力を持っていますが
すずらん
小さい小さい肝臓にとって
毎月毎月の投薬は
かなり負担になっているはず。

毎月きっちり
投薬するのではなく
少し期間をあけて
投薬した方が
よいかもしれませんよ。

…と

以前から
トレーナーさんに
アドバイスを
もらっていたんです。


そこで
フィラリア予防も
開始される時期だし
獣医さんに
その事を相談してみました。


獣医さんからは

フィラリアも
フロントラインも
肝臓の負担を考えると
投薬しない選択も
もちろんあります。


と言われました。

ただ万が一
フィラリアにかかった時
一発でダメージを受けるのは
肝臓だから

すずらんの場合は
普通のワンコ以上に
致死率があがってしまう。


とも言われました。


すずらんのお散歩や
遊んでいる場所の環境で
蚊がゼロの場所なんて
絶対にありえないし

実際に
近所のコギさんは
フィラリアで
亡くなってしまったので

やっぱりこれだけは
しっかりと予防したい
でも、なるべく
肝臓に負担のかからない様に…と

獣医さんに伝えると
快く投薬のスケジュールを
立ててくれました。

120510.jpg

去年までは
フィラリアの薬は
1ヶ月に1回のペースで
飲んでいましたが
今回は
1ヶ月10日おきに1回。
そうすると
8ヶ月飲んでいた薬を
2ヶ月分減らすことが
出来ました。

フロントラインも
1ヶ月1回していたのを
1ヶ月半で1回する事に。


ワクチンに関しても
少し期間をあけて
接種させようと
思っています。


これで少しでも
すずらん
肝臓の負担を
軽くできたらよいのですが…


今回の事は
トレーナーさんに
言われなかったら
気づかなかった事でした。

そして
『出来るだけ飼い主さんの
 意向にそえるように』…と
こちらの希望を
快く聞いてくれた
獣医さんにも感謝です。

以前、違う病院で
ちょっとムっとする事を
言われたことがあったので
相談するのもドキドキだったんです(^_^;)




すずらんにとっては
高級ジャーキー(フィラリアの薬)を
減らされた事は
残念だったけどね~(笑)



検査結果が
「良い」状態では
なかったので
GW初日から
暗い気分だったけど

その後は
その暗い気持ちが
吹き飛ぶほど
楽しいGWだったので
ヨカッタ(≧∇≦)b


ま、前向きに
頑張っていきますよ~♪







関連記事
スポンサーサイト

category: すーたんのこと

thread: わんことの生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

風邪、早く治るといいね。お大事にね♪

すーたんにも、たくさんのサポーターがついているみたいだから、大丈夫!

きっと、パパママとすーたんが持っているいい運が、いい人たちとめぐり合わせてくれてるんでしょう♪

人もわんこも健康第一で、大胆かつ慎重にがんばりましょうねん♪

ゆみ #- | URL | 2012/05/10 23:17 | edit

ちっちゃなワンコの肝臓
今の時期って酷使しちゃってるよねぇ~
フィラリアやフロントライン
すっごくアバウトな私は、1ヶ月ってきっちり与えれず…ちょっと間空き気味
そんな話を獣医さんにした事があって
「効き目は1か月半ぐらいあるから大丈夫だよ」って言われ
すっかりそんなボチボチペースになってます。
それさえもおおざっぱにだけどね(爆)
近くにフィラリアで亡くなった方が居たら
やっぱり不安だよね。
我が家は山に行く時は、なるべく(←これもおおざっぱ)
モスキュートのお洋服(蚊や虫が寄らない加工をしたお洋服)を着せる様に心掛けてます。
(〃^∇^)o彡☆あははははっ
獣医さんの計算方法
なるほどーって思っちゃいました。
色々な方法を思いつくのも凄いなぁ~

くぅママ #- | URL | 2012/05/11 00:45 | edit

ゆみ様

風邪は大分よくなったよ。
今回は喉だけがヤラレちゃって他は元気だったから
回復も早かったかな~と思う。
この声、どうにかしてほしいけど(笑)

獣医さんによっても、治療方針が全然違うし
何を信用するか…は難しいところなんだけど
言葉を話せないワンコを守れるのは私たちだけだからね~

プロの意見やお友達の意見は心強いです。

すーのている #- | URL | 2012/05/11 10:08 | edit

くぅママ様

フィラリアの薬に関しては
1ヶ月半くらい間隔をあけて投薬してよいか、聞いたんですが

「薬の効き目は1ヶ月半くらいあるから、健康なコで尚且つ
蚊が多い場所にしょっちゅういかないイヌなら、そのペースで
飲んでもいいけど、すずらんの毎日の散歩の環境と
肝臓の状態を考えると、医師の立場からは1ヶ月半あけても大丈夫
…とは言えないし、あとは飼い主の判断で」と言われました。

とにかく、フィラリアにかかってダメージをうける肝臓の方が
よっぽど危険だ…と。

我が家の近所は自然が多くて良い散歩環境だけど、蚊が多い!
秋まではみんな蚊取り線香持参で散歩してるくらいだから(笑)
イヌたちも洋服や虫よけスプレーで予防はしてるけど
蚊はお構いなしに寄ってきてるからね~(^_^;)

近所のコギさんも、たった1ヶ月飲み忘れた時に
運悪くフィラリアにかかってしまったみたいで(涙)

でも毎日の散歩は欠かせないし、これからの時期は尚更
アスファルトは避けたいし、芝生や森林の方がやっぱり楽しいし。
私も猛烈に蚊に刺されるけど、イヌたちの体にとまるくらいなら
私の体にとまりなさい!と、蚊に私の体をささげています(笑)

フィラリア、熱中症…気を遣う時期になりますねe-258
早く、冬にならないかしら(←もう!?)

すーのている #- | URL | 2012/05/11 11:02 | edit

すずらんちゃん 肝臓が悪かったのですね。
とっても元気で、健康優良犬みたいなのに・・・。
色々心配ですよね。
食べ物も気を付けられているんでしようね。

フロントラインやフィラリアは、身体にいいとは思ってなかったですが、肝臓に負担をかけているんですね。知らなかったーv-399

寒い土地なら、ダニや蚊をさほど気にしなくてもすむけど、九州なら仕方ないですね。
もともとコーギーさんは、どこの国だっけ?(←かなり無知)

ちゅらママ #- | URL | 2012/05/11 13:27 | edit

ちゅらママ様

そーなんですよぉe-263
生まれつき、肝臓がとってもと~っても小さいんです。
見た目は元気そのものなんですけどね…
「沈黙の臓器」なので、何かしらの症状が出だしたら
かなりヤバい状態なんです。

肝臓は有害物質を解毒して無毒化する働きがあるのですが
薬や麻酔も一応「有害物質」になるので、薬を飲むと、
人でも犬でも肝臓には負担がかかっている訳で…
普通の肝臓ならばそれに耐えれても、すずらんの場合は
かなり酷使している状態になっているんですね。

コーギーさんはイギリスのお犬様ですよ~♪
イギリス王室で古くから飼われていた気品ある犬なんです。

気品のある…?気品…?
あれ、ウチのコーギーに気品なんてあったっけ???

すーのている #- | URL | 2012/05/11 22:39 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://suzuranhanakotoba.blog106.fc2.com/tb.php/589-79eb4a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top